α-限界デキストリナーゼ

  • α限界デキストリナーゼ

栄養・生化学辞典の解説

 α-デキストリンエンド-1,6-α-グルコシダーゼともいう.アミラーゼデンプンを分解したあとに残る高分子であるα-限界デキストリン加水分解する反応を触媒する酵素.デンプンの分岐点であるα1→6グリコシド結合を加水分解する.この酵素が作用して分岐点が除かれたデキストリンは再びアミラーゼの作用を受けるようになる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android