コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Sāṃkhya-kārikā》 Samkhyakarika

世界大百科事典内の《Sāṃkhya-kārikā》の言及

【イーシュバラクリシュナ】より

…インド六派哲学の一派サーンキヤ学派の現存最古の文献《サーンキヤ・カーリカー(サーンキヤ頌)Sāṃkhya‐kārikā》の著者。4~5世紀ころの人。…

【サーンキヤ学派】より

…この説は古来より一元論的傾向が顕著であったインド思想の中で二元論を主張するまれな学派であり,ヒンドゥー教に与えた影響も大である。その派の祖はカピラKapilaといわれ,代表的な根本聖典はイーシュバラクリシュナによる《サーンキヤ・カーリカーSāṃkhya‐kārikā》である。【松濤 誠達】。…

※「《Sāṃkhya-kārikā》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Sāṃkhya-kārikā》の関連キーワードイーシュバラクリシュナ阿僧祇サーンキヤ学派サーンキヤ学派サーンキヤ学派阿僧祇ガウダパーダアビナバグプタゴーカレーアマールリク