コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲキ

デジタル大辞泉の解説

げき【隙】

物と物との間のすきま。間隙。
仲たがいをすること。不和。「を生ずる」
つけ入る機会。すき。
「軍国多事の―に乗じて此事をなす」〈木下尚江火の柱

げき【隙】[漢字項目]

常用漢字] [音]ゲキ(慣) [訓]すき ひま
物のすきま。「間隙空隙
あいた時間。「寸隙

ひま【隙】

《「暇(ひま)」と同語源》
物と物との間の空所。すきま。すき。
「―漏る夜寒の風に」〈木下尚江良人の自白
人と人との間にできた気持ちの隔たり。不和。
「長州の危急に及ぶを傍観なして居たると言うより―を生ぜし事なれば」〈染崎延房・近世紀聞〉
手抜かり。油断。すき。
「いささかの―なく用意したりと思ふが」〈・七五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げき【隙】

すき間。 「軍国多事の-に乗じて/火の柱 尚江
不和。仲たがい。

ひま【隙】

〔「ひま(暇)」と同源〕
物と物との間。すきま。 「よくもとざさぬ窓の-より、いと楽しげに酒のむ人の姿見え/浴泉記 喜美子」 「谷風に解くる氷の-ごとに打ち出づる波や春の初花/古今 春上
人間関係にできたすきま。不和。 「 -ある御中にて/源氏 澪標
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

隙の関連キーワード擊・劇・戟・撃・檄・激・隙蟻の這い出る隙もない節(ふし 植物)ヘビーオイル非毛管孔隙率プテロプシダエイシーの式隙過ぐる駒有効孔隙率使ひ下種保隙装置雌型孔隙染崎延房ごさなれスリット這い出る八重葺き集銭出し総空隙率隙行く駒

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隙の関連情報