コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ゲキ

5件 の用語解説(隙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げき【隙】

物と物との間のすきま。間隙。
仲たがいをすること。不和。「を生ずる」
つけ入る機会。すき。
「軍国多事の―に乗じて此事をなす」〈木下尚江・火の柱〉

げき【隙】[漢字項目]

常用漢字] [音]ゲキ(慣) [訓]すき ひま
物のすきま。「間隙空隙
あいた時間。「寸隙

ひま【隙】

《「暇(ひま)」と同語源》
物と物との間の空所。すきま。すき。
「―漏る夜寒の風に」〈木下尚江良人の自白
人と人との間にできた気持ちの隔たり。不和。
「長州の危急に及ぶを傍観なして居たると言うより―を生ぜし事なれば」〈染崎延房・近世紀聞〉
手抜かり。油断。すき。
「いささかの―なく用意したりと思ふが」〈・七五〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

げき【隙】

すき間。 「軍国多事の-に乗じて/火の柱 尚江
不和。仲たがい。

ひま【隙】

〔「ひま(暇)」と同源〕
物と物との間。すきま。 「よくもとざさぬ窓の-より、いと楽しげに酒のむ人の姿見え/浴泉記 喜美子」 「谷風に解くる氷の-ごとに打ち出づる波や春の初花/古今 春上
人間関係にできたすきま。不和。 「 -ある御中にて/源氏 澪標
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隙の関連キーワード合間間隔擦れる触接ぴっしゃり物間空き間切合う透き繋ぎ手

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

隙の関連情報