『闇金ウシジマくん』とニートマンガ(読み)やみきんうしじまくんとにーとまんが

知恵蔵の解説

『闇金ウシジマくん』とニートマンガ

真鍋昌平『闇金ウシジマくん』(小学館)の2007年上半期のシリーズは、前半こそウシジマがそれなりの暗躍を見せるが、話が盛り上がりを見せる後半は、パチスロにハマって借金を膨らませた30代の無職男が実質的な主人公となっている。男が手前勝手な論理を振り回して親からも見放され、安価な「ゲストハウス」にすら滞在できないほどの苦境に転落していく一部始終を、冷徹なタッチで追う。昨今の青年マンガは、主人公が職を失う展開が多く、きらたかし『赤灯えれじい』、村田ひろゆき『好色哀歌元バレーボーイズ』(ともに講談社)、花沢健吾『ボーイズ・オン・ザ・ラン』、のりつけ雅春『中退アフロ田中(その後〈上京アフロ田中〉)』(ともに小学館)など、事情こそさまざまなれど、いずれも正規雇用に就かず、将来を思い悩みつつ手探りで「今」を生きざるをえない青年たちの姿を切り出している。

(鈴木繁 朝日新聞記者 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『闇金ウシジマくん』とニートマンガの関連情報