苦境(読み)くきょう

精選版 日本国語大辞典「苦境」の解説

く‐きょう ‥キャウ【苦境】

〘名〙 しい立場。苦しい境遇。逆境
※藤樹文集(1648頃)五「世界本来楽土也。〈略〉有意必而始変為苦境
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「実在の苦境(クギャウ)の外に〈略〉妄念から一苦界を産み出して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「苦境」の解説

く‐きょう〔‐キヤウ〕【苦境】

苦しい境遇。苦しい立場。「苦境を乗りこえる」「苦境に立つ」「苦境に陥る」「苦境に直面する」
[類語]逆境危地窮地危険危難危機ピンチ物騒剣呑けんのん危ない窮境窮状難局羽目危殆きたい虎口ここう不用心不穏際どいやばいきな臭い呉越同舟一触即発風前のともしび薄氷をふむ風雲急を告げる危うい危なっかしい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android