手探り(読み)テサグリ

デジタル大辞泉の解説

て‐さぐり【手探り】

[名](スル)
見えない所にあるものを手先の感触で探り求めること。「手探りでスイッチを探す」
確実な方法がわからないまま、あれこれ模索すること。「新しい仕事を手探りで始める」「方針が定まらずに手探りしている状態」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android