コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手探り テサグリ

デジタル大辞泉の解説

て‐さぐり【手探り】

[名](スル)
見えない所にあるものを手先の感触で探り求めること。「手探りでスイッチを探す」
確実な方法がわからないまま、あれこれ模索すること。「新しい仕事を手探りで始める」「方針が定まらずに手探りしている状態」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てさぐり【手探り】

( 名 ) スル
暗闇など見えないところで手先の感じでさぐること。 「 -で穴の中を進む」
様子がわからないまま物事をすすめること。 「解決法を-する」 「 -の状態が続く」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

手探りの関連キーワード『闇金ウシジマくん』とニートマンガカロリング朝美術善光寺(長野市)シートフィルムダークバッグバイオ燃料モディアノ真っ暗がり山本義隆前衛芸術幸田 延掻き探るPingかかぐる二人羽織暗中模索目隠し鬼手弄りノッチ躙り書

今日のキーワード

はしか(麻疹)

◎生後7か月以後、注意する [どんな病気か]  麻疹ウイルスが感染し、発熱、せき、目の充血、全身の発疹などがおこる病気です。  子どもならだれでもかかる軽い病気と考えがちですが、体力を消耗する重い病気...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手探りの関連情報