一部始終(読み)いちぶしじゅう

精選版 日本国語大辞典「一部始終」の解説

いちぶ‐しじゅう【一部始終・一伍一什ジフ

〘名〙
① 一部の書物の、始めから終わりまで。
※私聚百因縁集(1257)八「妙法蓮華経の一部始終(いちフシジウ)なり」
② 事の始めから終わりまで。物事のくわしい事情。事のなりゆき、てんまつ。
※高野山文書‐天正一九年(1591)一二月九日・興山上人応其書状「拙僧之儀、一部始終、御衆中之御為能様にと存迄に候」
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)三「懺悔の為に恥を忍びて、一五一十(イチブシジウ)を告るになん」
[補注]「一伍一什」の表記は、中国白話体小説風のもの。「小説字彙」に「一五一十的話 イチブ始終ノハナシ」とある。→一伍一什(いちごいちじゅう)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典「一部始終」の解説

一部始終

事の始めから終わりまで。物事のくわしい事情。事のなりゆき、てんまつ。

[使用例] 昭子は一部始終を話そうとしたが、茂造が空腹を訴え続けるので台所に立ち、食事の支度にかかった[有吉佐和子恍惚の人|1972]

[使用例] お前さんが青くなっているのを見て、俺には一部始終が見えた[小川国夫*或る聖書|1973]

[解説] もとは一部の書物の始めから終わりまでという意味。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「一部始終」の解説

いちぶ‐しじゅう【一部始終】

2原義》成り行きの初めから終わりまで。顛末(てんまつ)。一伍一什(いちごいちじゅう)。「一部始終を詳しく話す」
書物の初めから終わりまで全部。
「学問すべしとへばとて―を心得渡し」〈一言芳談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android