コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

【ほぞ】 ほぞ

百科事典マイペディアの解説

【ほぞ】【ほぞ】

木材や石材等を接合するとき,一方の材に作る突起部のこと。もう一方にはそれを受け入れる【ほぞ】穴が設けられる。一般木構造では柱と梁(はり)・桁(けた)・胴差(どうざし)等には平【ほぞ】(ひらほぞ)・扇【ほぞ】・小根【ほぞ】(こねほぞ)等が主として使用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

【ほぞ】の関連キーワード臍落ち・蔕落ち・蒂落ちてっぺんかけたか質量不変の法則ほぞんかけたか蟻継ぎ・蟻継かけたかの鳥逃げ穴・逃穴実(建築)穴掘り大工噬臍・噬斉太枘・駄枘臍繰り金円鑿方枘胴付き折り骨差鴨居割り楔蔕・蒂差敷居竿継ぎ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

【ほぞ】の関連情報