コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胴差 どうざしgirth

翻訳|girth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胴差
どうざし
girth

木造建築で,上階と下階の境界に用いる横架材。柱を連結し,上階の床梁を支える役目をする。普通,幅は柱と同寸,せい (厚さ) はやや大きくする。中間に梁のかかる場合は,下に添桁を当ててボルト締めとする。胴差を2本抱合せて,挟み胴差とすれば,柱は通し柱となり,いためることが少いが,この場合は外部に突出する。胴差の上部に,これと平行して,梁の押え,床の支えとして,上階の柱脚をつなぐ台輪 (だいわ) を設けることがあるが,最近はあまり用いられない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どう‐ざし【胴差】

木造建築の上階と下階の境界に用いる太い水平材。下階の柱頭をつなぎ、上階の床梁(ゆかばり)を支える。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

胴差【どうざし】

木造建築の軸組において,柱の間に取り付け,2階の梁(はり)などを支える大きな水平材をいう。各階で切り継ぐ管柱(くだばしら)の連結のためなどに用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どうざし【胴差】

木造建築の外壁の軸組みで,通し柱を2階以上の床の位置で相互に差し固めてつないでいる水平な構造部材。下階の管柱(くだばしら)の上部をつなぐとともに,上階の管柱の足元を受けて建物の外周を固め,同時に平側(ひらがわ)では床ばりを受けることが多い。床ばりの成(せい)(長さ,幅に対して下端から上端までの垂直距離をいう)が大きいとき,はりをはさむように胴差の上に台輪を平行に設けてから管柱をのせることがある。妻側(つまがわ)の妻胴差では床ばりを受けないかわりに直接床の根太(ねだ)がかかるので,その上端は平側の平胴差よりも高く納める。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どうざし【胴差】

通し柱をつないで、建物の胴体を固めるとともに二階の床梁ゆかばりを支える横木。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

胴差の関連キーワード米檜、米松、米ひば、米栂火打ちばり【ほぞ】木造建築筋かい木構造横木胴体方杖火打大壁鴨居

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android