〓(“火へん”に「本」)日比子(読み)ほんにちひし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

〓(“火へん”に「本」)日比子 ほんにちひし

?-? 百済(くだら)(朝鮮)の医師。
「日本書紀」によると,天智(てんじ)天皇10年(671)鬼室集信(きしつ-しゅうしん)らとともに大山下(だいせんげ)の位をさずけられた。薬の調合にすぐれていたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android