コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼室集信 きしつ しゅうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鬼室集信 きしつ-しゅうしん

?-? 百済(くだら)(朝鮮)の官吏。
百済再興をめざした鬼室福信の一族で,7世紀半ばに鬼室集斯(しゅうし)らとともに来日し,近江(おうみ)(滋賀県)蒲生(がもう)郡にすんだとおもわれる。医薬に精通し,天智(てんじ)天皇10年(671)大山下(だいせんげ)の位をさずけられた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鬼室集信

生年:生没年不詳
百済滅亡(660)ののち,来日した百済人。百済復興に尽力した鬼室福信(663年,余豊璋に斬殺された)の一族と思われるが,未詳。天智10(671)年1月,大山下の位を授けられたが,『日本書紀』には「医薬に詳しい」と記されている。

(清田善樹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone