コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あけぼの大豆

デジタル大辞泉プラスの解説

あけぼの大豆

山梨県南巨摩郡身延町で生産されるダイズ。粒の重さは約59gと大きく、甘みが強い。明治期に関西から導入されたといわれる。名称は身延町の曙地区で栽培されてきたことに由来。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

あけぼの大豆[豆類]
あけぼのだいず

北陸甲信越地方、山梨県の地域ブランド。
主に南巨摩郡身延町曙地区で生産されている。明治時代関西地方から導入されたという。大粒の白い大豆で、他品種と比べて糖分含量が多い。甘みが強くコクもある。10月以降出荷。味噌・豆腐などに加工される。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

あけぼの大豆の関連キーワード山梨県南巨摩郡身延町

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あけぼの大豆の関連情報