あたばら

精選版 日本国語大辞典「あたばら」の解説

あた‐ばら

〘名〙
[一] () (「あたはら」「あだばら」とも) 発作的に起こる腹痛疝気(せんき)
※十巻本和名抄(934頃)二「疝 釈名云疝〈音山 阿太波良 一云之良太美〉腹急痛也」
※仮名草子・智恵鑑(1660)六「俄にあた腹(バラ)いたむといひ出し。たへがたきさまにて」
[二] (あた腹) (「あた」は接頭語) 腹を強めていう。むかっぱら。多く「あたばらを立てる」「あたばらが立つ」の形で用い、腹を立てる意。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android