コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智恵鑑 ちえかがみ

世界大百科事典 第2版の解説

ちえかがみ【智恵鑑】

仮名草子。辻原元甫作。1660年(万治3)刊。10巻。各巻ごとに,上智・明智・察智など10の智恵を挙げ,総数200の例話を並べたものであるが,殷の高宗をはじめすべて中国の例話である。大半は馮夢竜(ふうぼうりゆう)の《智囊(ちのう)》によっている。仮名草子に流行した啓蒙教訓書の一つであるが,この書は広く読まれ,西鶴や近松に影響を与えたばかりでなく,《当世智恵鑑》《本朝智恵鑑》のような追随作を生んだ。【野田 寿雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android