コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智恵鑑 ちえかがみ

1件 の用語解説(智恵鑑の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちえかがみ【智恵鑑】

仮名草子。辻原元甫作。1660年(万治3)刊。10巻。各巻ごとに,上智・明智・察智など10の智恵を挙げ,総数200の例話を並べたものであるが,殷の高宗をはじめすべて中国の例話である。大半は馮夢竜(ふうぼうりゆう)の《智囊(ちのう)》によっている。仮名草子に流行した啓蒙教訓書の一つであるが,この書は広く読まれ,西鶴や近松に影響を与えたばかりでなく,《当世智恵鑑》《本朝智恵鑑》のような追随作を生んだ。【野田 寿雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

智恵鑑の関連キーワード御伽草子可笑記仮名草子尤草紙因果物語仮名本新語園恵中辻原元甫苗村常伯

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone