あだない

精選版 日本国語大辞典「あだない」の解説

あだ‐な・い

〘形口〙 あだな・し 〘形ク〙
[一] はかなく頼りない。
※古文真宝桂林抄(1485頃)乾「蜉━(蝣)は朝生暮死ものぞ、人間世のあたないにたとゆるぞ」
[二] (「あどない」の変化した語) 人の性格態度が無邪気であどけない。罪がない。
※俳諧・懐子(1660)二「あたないとにこそたてれ児桜〈之〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「あだない」の解説

あだ‐な・い

[形][文]あだな・し[ク]中世・近世語》
はかない。
「夢まぼろしのうき世―・い命と存ずるによりて」〈狂言六義・魚説法
あどない」の音変化。
物腰になまりあって、―・いところがかはゆらしいと」〈御前義経記・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android