あだない

大辞林 第三版の解説

あだない

( 形 ) [文] ク あだな・し
〔中世後期から近世へかけての語〕
〔「あだ(徒)」に接尾語「ない」の付いた形〕 はかない。 「人間と申す者は…稲妻の光よりなほ-・いものにて/狂言・呂蓮」
〔「あどない」の転〕 無邪気である。 「女心の-・く、今の仏勅に泪なみだを流し/浮世草子・新色五巻書」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

あだ‐な・い

[形][文]あだな・し[ク]《中世・近世語》
はかない。
「夢まぼろしのうき世―・い命と存ずるによりて」〈狂言六義・魚説法〉
あどない」の音変化。
「物腰になまりあって、―・いところがかはゆらしいと」〈浮・御前義経記・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android