コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あまめはぎ あまめはぎ

世界大百科事典内のあまめはぎの言及

【生剝】より

… なまはげの名称は,炉にあたってできる火だこの〈なもみ〉をはぎとることで,火だこができるような怠け者を懲らしめるという意味をもつ。秋田県由利郡地方では〈なもみはぎ〉,秋田市では〈やまはげ〉と呼ぶほか,石川県能登半島には〈あまめはぎ〉と呼ぶ同じような行事がある。男鹿半島のなまはげは赤神神社五社堂の行事が半島一円に広がったとも伝えるが,1964年以降は男鹿市が観光化して,新たに2月13~15日の北浦真山(しんざん)神社の柴灯祭にも行っている。…

【門前[町]】より

…海岸一帯は能登半島国定公園に属し,猿山岬の断崖や〈泣き砂の浜〉と呼ばれる琴ヶ浜がある。〈あまめはぎ〉は若者が鬼の面をつけ,みのを着て家々を訪れる小正月の行事で,有名な秋田の〈なまはげ〉と同じく正月神の来訪を示す習俗で,重要無形民俗文化財に指定されている。【上田 雅子】。…

※「あまめはぎ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

あまめはぎの関連キーワード火斑剝ぎ生剝げ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android