コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火鉢 ひばち

6件 の用語解説(火鉢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火鉢
ひばち

古くから火桶,火樞,火櫃とも呼んだ。中に灰を入れ,炭火をいけて手先を暖めたり湯茶を沸したりする器具。昔から広く用いられてきたが,現在は建物が気密になったこと,木炭が高価なこと,他の暖房器具の発達などのためにほとんど使用されなくなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひ‐ばち【火鉢】

灰を入れ、中に炭火をおこして、暖房や湯沸かしなどに用いる道具。「火鉢にあたる」「長火鉢 冬》「客去って撫(な)づる―やひとり言/嘯山」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典の解説

火鉢

江戸時代や明治・大正時代は炭が主な燃料でしたから、火鉢は重要な暖房器具でした。現在は石油やガス、電気が普及しているので、暖房器具としてはほとんど使われず、主にインテリアとして和室の引き立て役に用いられています。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひばち【火鉢】

暖房器具。灰を入れ炭火をもやして暖をとる容器。木製,金属製,陶製などがある。木製の場合,指物(さしもの),刳物(くりもの)があるが,内側には銅などの落しをつける。落しは,容器の裏に直接張るものと,釣るようにして容器との間にすき間をつくる二重構造のものとがある。指物の火鉢には御殿火鉢,格子形火鉢,箱火鉢などがあり,刳物の火鉢には桐火鉢や欅火鉢などがある。また木製火鉢の一種に長火鉢といって長方形の箱形につくり,上の縁の幅を広くし,下部に抽斗(ひきだし)などをつけ,灰入れの一方に銅壺を備えつけて湯をわかしたり燗(かん)をしたりできるようにしつらえ,簡単な調理や食事ができるように工夫されたものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひばち【火鉢】

灰を入れ、中に炭火などをいけておく暖房具。暖をとるほか、料理にも使い、座敷の調度ともした。火おけ。 [季] 冬。 《 妹が居といふべかりける桐- /虚子 》

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火鉢
ひばち

暖房具の一種。灰を入れ、中に燠(おき)、炭火(すみび)をついで手足をあぶり、室内を暖め、湯茶などを沸かすのに用いた。古くは火桶(ひおけ)、火櫃(ひびつ)といい、後世はもっぱら火鉢とよんでいる。日本では、古来、室内の採暖・暖房のために広くいろりが行われたが、平安時代の寝殿造など宮廷・邸宅の表向きでは、煙と煤(すす)を避けるため、いろりは設けなかったので、これにかわって、ありあわせの桶、櫃に土製の火容(ひいれ)を置き、これに燠などをついで暖をとった。火桶はヒノキ、スギの曲物(まげもの)に土製の火容を置いたもので、のちにキリ、ケヤキ、スギなどの丸木をくりぬき、銅製の落としを仕込んだものができた。初め木地のまま用いられたが、のち外側に漆(うるし)を塗ったり、絵を描いた絵火桶が用いられ、やがて金、銀、銅などの飾り金具を施したものも現れた。火桶・火櫃の使用期間は旧暦10月から3月までで、4月にはかたづけていた。火桶・火櫃の普及を助長したのは木炭の利用で、元来、木炭は金属精錬用の燃料であったが、これが採暖・暖房用の燃料として利用されるようになって、煙と煤のない住生活が展開されることとなった。ことに近世に入ると、都市の発達は家庭燃料を薪(たきぎ)にだけ求めるのは困難で、いきおい都市生活においては木炭を利用しなければならなくなり、ここに火鉢は広く民間に普及することとなった。火鉢の種類には、キリ・スギ・ヒノキなどの曲物や丸木をくりぬいてつくった丸火鉢、シタン・コクタンなどの堅木(かたぎ)の指物(さしもの)の角火鉢(箱火鉢)や長火鉢、銅・鉄・合金などの金属製や陶器製の丸火鉢、また小形で取っ手をつけて携帯に便利な提(さげ)火鉢などいろいろあって、和室の採暖・暖房具として欠くことのできないものとなった。煙と煤と臭気がないうえに、簡単に移動できるのが長所であるが、全身や部屋全体を暖めることは困難で、炭火による一酸化炭素の害を伴う欠点があった。なお、付属品としては、五徳(ごとく)、銅壺(どうこ)、火箸(ひばし)、灰ならしなどがある。[宮本瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の火鉢の言及

【火鉢造】より

…火鉢や風炉を造る工人としては,奈良の西京火鉢造座が著名である。史料上では1333年(元弘3)の《内蔵寮領等目録》に〈大和国内侍原内小南供御人〉が火鉢土器を作料田の年貢として進上しているのと,京都商人役として,奈良火鉢10個を進上しているのをみる。…

※「火鉢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

火鉢の関連キーワード足焙り行火火器火炉暖を取るヒーター炬燵暖房器具緑豆モヤシ浴室暖房

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火鉢の関連情報