コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あらばこそ アラバコソ

デジタル大辞泉の解説

あらば‐こそ

[連語]
(助詞「も」に付いて)あろうはずはない。まったくない。「遠慮会釈もあらばこそ、ずかずかと部屋に上がりこんできた」
もし…であるなら…であろうが、実際はそうではないから、の意を表す。
「天地(あめつち)の神なきものに―我(あ)が思ふ妹に逢はず死にせめ」〈・三七四〇〉
[補説]1は、次に反対の内容を表す文がくる。「ない」よりも強い否定を表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あらばこそ

( 連語 )
〔「あるならばなあ」の意から転じて、「ない」よりも強い打ち消しを表す〕
全くない。ありはしない。 「そんな余裕も-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

あらばこその関連キーワード木綿付け鳥法・則・矩文字片半あめつち漫ろ歩きばこそ中空補説菰枕鎖し薦枕余裕御法助詞連語玉釧