ありゃ

精選版 日本国語大辞典「ありゃ」の解説

ありゃ

動〙
① 意味を強めるときに発することば。いかにも。
※虎明本狂言・靫猿(室町末‐近世初)「地から泉が相生(さうじゃう)して、天より宝が降りくだる、ありゃきゃうがり、きょくしんなり」
② 驚いたときに発することば。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「『油買に茶ア買に』『アリャ、兄さん上手だよ』」
③ 歌謡などのはやしことば。
※虎寛本狂言・枕物狂(室町末‐近世初)「ありゃささのはりまくら、ささのはりまくら、ぬしぞこひしかりける」
蹴鞠(けまり)のときに発する掛け声。あり。ありあり。
※松下十巻抄(1531)正二位「鞠をこふ事。ありゃと云は春のこころ、但うけとりはじめはこはず

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android