コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

靫猿 うつぼざる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

靫猿
うつぼざる

日本の演劇,音楽の曲名。 (1) 狂言の曲名 各流にある。太郎冠者を供に狩りに出かけた大名が猿曳き (猿回し ) に出会い,猿の皮を靫にしたいと所望し,聞かなければ弓で射るとおどす。猿曳きはやむをえず,自分の手で一打ちにしようとするが,猿は猿曳きの杖を取って芸を始める。そんな猿を殺しかねている猿曳きを見て大名も猿を哀れみ,命を助ける。猿曳きはその礼として猿舞を見せ,大名から種々の褒美をもらい,大名も猿をまねて舞う。演者は4人で,大名がシテ,猿は子方で,初舞台を演じさせる慣例がある。 (2) 義太夫節 近松門左衛門作『松風村雨束帯鑑 (まつかぜむらさめそくたいかがみ) 』5段目の景事。元禄7 (1694) 年3月竹本座初演。 (3) 常磐津節 (a) 『寿靫猿』。文化 12 (1815) 年7月江戸中村座,3世中村歌右衛門初演。4世岸沢式佐作曲。 (b) 『花舞台霞の猿曳』。「新うつぼ」ともいう。天保9 (1838) 年 11月江戸市村座,4世中村歌右衛門初演。2世中村重助作詞。狂言を歌舞伎舞踊化したものだが,大名を女に,太郎冠者を色奴に変え,背景を松羽目から鳴滝八幡の野辺にするなど,歌舞伎らしい趣向を盛り込んだ。5世岸沢式佐作曲。松本五郎市振付。 (4) 長唄 明治2 (1869) 年2世杵屋勝三郎作曲。やはり狂言を三味線音楽化したもので,花見の描写などに特色がある。 (5) 一中節 『空穂猿』1世宇治紫文作曲といわれる。このほか地歌に城志賀作曲の,また琵琶に水藤錦穣作曲の『靫猿』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

靫猿の関連キーワード杵屋勝三郎(2世)善竹弥五郎坂東巳之助取り置くくどくどわわし野遊山あれに中村流ばし能猿夜さ連ぶ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

靫猿の関連情報