いでいで(読み)イデイデ

デジタル大辞泉の解説

いで‐いで

[感]
心から感動した気持ちを表す語。いやもう。
「―、いといみじうめでたしや」〈大鏡・後一条院
決意や勧誘を表す語。どれどれ。さあさあ。
「伝はりぬる事は、―承らばや」〈大鏡・師尹〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いでいで

( 感 )
〔「いで」を重ねた語〕
さあさあ。どれどれ。いやはや。 「いで、このたびは負けにけり。隅のところどころ、-/源氏 空蟬

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いで‐いで

〘感動〙 (感動詞「いで」を重ねて用いた語) 「いで」を強めて言う語。
① 相手や自分の行為をうながす語。さあさあ。どれどれ。なんとなんと。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「『いでいで』とて、おはすれば」
※大鏡(12C前)二「伝はりぬることは、いでいでうけたまはらばや」
② ものの様子への感動を表わす語。いやどうも。いやもう。
※大鏡(12C前)一「いでいで、いといみじうめでたしや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android