いなのめの(読み)イナノメノ

デジタル大辞泉の解説

いなのめ‐の

[枕]語義未詳。「明く」にかかる。
「―明けさりにけり」〈・二〇二二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いなのめの

( 枕詞 )
「明く」にかかる。 「 -明けさりにけり/万葉集 2022

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いなのめ‐の

「夜が明く」の「明く」にかかる。
※万葉(8C後)一〇・二〇二二「相見らく飽き足(だ)らねども稲目(いなのめの)明けさりにけり船出(ふなで)せむ妻」
[補注]語源およびかかり方については諸説ある。(イ)「いな(寝)のめ(目)」が朝方に開くから「(夜が)明く」にかかる。(ロ)「いなのめ」は「しののめ」(暁方の意)と同義で、あるところからとする。(ハ)「いな(稲)のめ(目)」(稲の穂の出始める意)を夜明けにたとえるところからとする。(ニ)「イナ(鯔)のめ(眼)」が赤いところから「赤」と同音の「明」にかかる。(ホ)採光通風のために、稲藁を粗く編んだむしろのすきま(稲の目)から明け方の光がさし込むところから、など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android