コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲藁 イナワラ

デジタル大辞泉の解説

いな‐わら【稲×藁】

いねわら(稲藁)

いね‐わら【稲×藁】

収穫したの籾(もみ)を取り去ったもの。むしろ・など藁工品の材料となる。いなわら。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いなわら【稲藁】

稲の藁。いねわら。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

稲藁の関連キーワードバイオブタノールトレーサビリティバイオエタノールフードマイレージアルコール発酵石巻黄金和牛ハナカメムシ斉藤 知一郎農業生産組織カキ(柿)指定廃棄物木材パルプトウフルー化学パルプニカメイガフクロタケマルチング那須和牛かや葺きトウチー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲藁の関連情報