コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜明け ヨアケ

デジタル大辞泉の解説

よ‐あけ【夜明け】

夜が明けること。また、その時分。明け方。あかつき。「夜明けに出発する」
日の出前、太陽の中心が地平線下の7度21分40秒に来た時刻。明け六つ。→日暮れ
新しい時代や文化、芸術などの始まり。「近代文学の夜明け

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

よあけ【夜明け】

一般には東の空が白んで,うす明るくなるころをいうが,江戸時代の社会時刻制度である貞享暦では日の出前36分を,また,寛政暦では太陽の地心高度が-7゜21′40″に達したときで定義し,いずれも時刻の起点〈明け六つ〉とした。これらの定義は西欧の市民薄明の限界高度-6゜に相当するもので,灯火なしで通常の野外活動ができる明るさの限界であり,文字どおり夜と昼の境目である。日暮れ【森 巧】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

よあけ【夜明け】

夜が明けること。太陽がのぼる頃。明け方。 「 -前」
太陽の中心が地平線下7度21分40秒にある時刻。明け六つ。 → 日暮れ
新しい時代や事物が始まろうとする時。 「新日本の-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夜明け
よあけ

夜が明けるころ。寛政(かんせい)暦(1798施行)から、太陽が明け方、地平線下七度21分40秒に達したときを夜明けとした。明るい星が見えなくなるころで、ヨーロッパの常用薄明に相当する。寛政暦以前では日の出前二刻半(現在の36分に相当)をもって夜明けとした。江戸時代、不定時法では夜明けから日暮れまでを昼間、日暮れから夜明けまでを夜間とし、昼夜おのおのを六等分して夜明けを明(あけ)六つ、日暮れを暮(くれ)六つと称した。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の夜明けの言及

【日暮れ】より

…一般にはたそがれどき,明るい星が見え始めるころをいうが,貞享暦の採用(1685)によって定着した社会時刻制度(不定時法)では〈明け六つ〉の夜明けとともに,時刻の起点〈暮れ六つ〉を定義するものとして厳密に用いられた。すなわち,貞享暦では,日の出の2刻半前を夜と昼の境目としてその時刻を明け六つ,日没の2刻半後を日暮れと定義し暮れ六つとした。…

※「夜明け」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

夜明けの関連キーワードかわたれ星時をつくるねばならぬ有明行灯近代文学片道切符二番鶏引明け心支度一番鶏花水木初東雲過慮暁闇鶏旦鴻業休泊晨明旦明曙天

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜明けの関連情報