いは

精選版 日本国語大辞典「いは」の解説

い‐は

(上代副助詞「い」に係助詞「は」が連なったもの) 体言または活用語の連体形をうけ、主格に立つものを強調する。
万葉(8C後)三・二三七「否と言へど語れ語れと(のら)せこそ志斐(しひ)伊波(イハ)(まを)せ強語(しひかたり)と言ふ」
※続日本紀‐神護景雲三年(769)一〇月一日・宣命「此(こ)を持(たも)つ伊波(イハ)(ほまれ)を致し捨つる伊波(イハ)謗を招きつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android