いぼ斑点病(アルファルファ)

飼料作物病害図鑑の解説

いぼ斑点病(アルファルファ)

冷涼多湿な時期に多く発生する斑点性の糸状菌病。葉、葉柄、茎を侵す。葉にはじめ針頭大、茶褐色の斑点を生じ、1-2mmの円形斑点となる。後に病斑中央 部に濃褐色のいぼ状の子のう殻が生じ、多湿時にはこの部分がゼリー状を呈する。病斑が多いと、葉は黄褐色となり、落葉しやすくなる。病原菌はクローバいぼ 斑点病菌とは別種である。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android