コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いぼ斑点病(アルファルファ)

飼料作物病害図鑑の解説

いぼ斑点病(アルファルファ)

冷涼多湿な時期に多く発生する斑点性の糸状菌病。葉、葉柄、茎を侵す。葉にはじめ針頭大、茶褐色の斑点を生じ、1-2mmの円形斑点となる。後に病斑中央 部に濃褐色のいぼ状の子のう殻が生じ、多湿時にはこの部分がゼリー状を呈する。病斑が多いと、葉は黄褐色となり、落葉しやすくなる。病原菌はクローバいぼ 斑点病菌とは別種である。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

いぼ斑点病(アルファルファ)の関連キーワードいぼ斑点病(シロクローバ)いぼ斑点病(アカクローバ)

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android