コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いわき湯本温泉 いわきゆもとおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

いわき湯本温泉
いわきゆもとおんせん

福島県南東部,いわき市にある温泉。湯本川岸に位置する。泉質硫黄泉泉温 58℃。湯量は豊富。かつては常磐炭田中心地であったが,1971年に廃鉱。いまはスパリゾートハワイアンズなどの歓楽施設のある観光温泉町として知られる。ゴルフ場も近い。温泉の起源は古く,平安時代の『拾遺和歌集』にも詠まれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕いわき湯本温泉(いわきゆもとおんせん)


福島県いわき市にある行楽向きの温泉。旧湯本温泉と約3km南西のスパリゾートハワイアンズとからなり、温泉歓楽街をなす。源泉はいずれも旧常磐(じょうばん)炭鉱湯本坑内にわく熱泉を利用。常磐湯本温泉とも、単に湯本温泉とも。温泉街近くにいわき市石炭・化石館がある。ナトリウム・カルシウム‐塩化物泉。泉温55℃。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いわき湯本温泉の関連情報