コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐炭田 じょうばんたんでん

7件 の用語解説(常磐炭田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常磐炭田
じょうばんたんでん

福島,茨城両県にまたがる炭田。阿武隈山地東部にあり,旧称の常陸と磐城の両国に広がるのでこの名称がある。南北 80km,東西は陸域で5~25kmで,炭層は太平洋の海底にまで及ぶ。推定埋蔵量 11億t。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

常磐炭田

福島県浜通り南部~茨城県北部にあった。朝鮮戦争(1950~53年)の特需に沸いた頃は、約130の炭鉱で3万人以上が働いた。その後のエネルギー革命で閉山、失業が相次ぐ中、採炭の副産物の温泉を生かした観光施設「常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)」が66年、福島県いわき市に開業。炭鉱労働者の娘たちが施設のフラダンサーとなって奮闘する姿は、映画「フラガール」(2006年)になった。

(2012-01-12 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょうばん‐たんでん〔ジヤウバン‐〕【常磐炭田】

福島・茨城両県にまたがる炭田。中心はいわき市。かつては筑豊石狩に次ぐ大炭田。昭和51年(1976)に閉山。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

常磐炭田【じょうばんたんでん】

福島県と茨城県にまたがる炭田。阿武隈(あぶくま)高地東麓から海岸まで南北約95km,東西5〜25km,炭層は太平洋の海底に及ぶ。茨城県側の炭田を,茨城炭田あるいは常磐南部炭田とよぶ。
→関連項目いわき[市]小名浜高萩[市]福島[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じょうばんたんでん【常磐炭田】

阿武隈山地の東縁,福島県と茨城県にまたがり,南北95km,東西5~25kmの地域を占める炭田。全体として東に傾き,古第三紀白水層群の基底部に2~4炭層,炭厚1~3mで賦存している。炭質は非粘結性の亜歴青炭を主とし褐炭と歴青炭も一部みられる。炭田ガス,坑内温泉の湧出などの地質的特性がある。埋蔵量は約2億tであり,かつては工業地帯に近い炭田として栄えた。【大橋 脩作】 常磐炭田の北部は硫黄分の多い有煙炭を,南部は硫黄分の少ないいわゆる茨城無煙炭を産出し,いずれも低カロリーのため一般燃料炭に用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じょうばんたんでん【常磐炭田】

福島・茨城両県にまたがる炭田。江戸末期から採炭。石狩炭田・筑豊炭田に次ぐ日本有数の炭田として知られたが、現在は閉山。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常磐炭田
じょうばんたんでん

福島県南東部から茨城県北東部にかけて分布した石炭埋蔵地域。南北95キロメートル、東西5~25キロメートル、面積780平方キロメートル、西高東低の傾斜で海底にも広がる。炭質は非粘結性の瀝青炭(れきせいたん)、褐炭で、平均5300カロリーの低品位で原料用炭には向かず一般燃料用炭であった。
 1855年(安政2)、片寄(かたよせ)平蔵が現在のいわき市内郷(うちごう)白水(しらみず)の弥勒沢(みろくさわ)で炭層を発見して本格的稼行が始まり、小名浜(おなはま)、中之作(なかのさく)などの海港から帆船で江戸、横浜方面へ出荷した。1877年(明治10)の西南戦争による九州炭の輸送困難を機に注目されるようになり、1883年浅野系資本による磐城炭礦(いわきたんこう)社の設立、1890年川崎系(のち大倉系)の入山(いりやま)採炭株式会社の設立で本格的な資本制採炭が始まった。斜坑の採用、蒸気機関の採用、小名浜への軽便鉄道の敷設など生産、搬出の基盤整備が進められた。1897年の常磐線の開通は本州における常磐炭田の地位を確立させた。
 1944年(昭和19)戦時措置により磐城炭礦と入山採炭が合併して常磐炭礦株式会社となり、戦中戦後のエネルギー供給に貢献、地域の社会、経済に影響を与えたが、1971~1976年のエネルギー革命の波は多くの坑口を閉ざした。現在採掘は行われていない。炭田の中心地いわき市常磐湯本(かつての磐城礦業所)にいわき市石炭・化石館がある。[原田 榮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常磐炭田の関連キーワード阿武隈高地久慈川阿武隈山地阿武隈急行線棚倉構造線保原[町]梁川[町]宮城県岩沼市阿武隈福島県福島市田沢阿武隈ライン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

常磐炭田の関連情報