おいそけ者(読み)おいそけもの

精選版 日本国語大辞典の解説

おいそけ‐もの【おいそけ者】

〘名〙 (「およすけもの」の変化した語) こざかしく老成ぶっている者。一説に、老いぼれて役に立たない者。
※紫式部日記傍注(1729)下「はづかしく、人にかうおいそけ物と見おとされにけるとは思ひ侍れど」
[補注]「紫式部日記」諸本に、多く「おいらけもの」とあり、その本文によるべきだとする説もある。→おいらけ者(もの)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android