おいそけ者(読み)おいそけもの

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「およすけもの」の変化した語) こざかしく老成ぶっている者。一説に、老いぼれて役に立たない者。
※紫式部日記傍注(1729)下「はづかしく、人にかうおいそけ物と見おとされにけるとは思ひ侍れど」
[補注]「紫式部日記」諸本に、多く「おいらけもの」とあり、その本文によるべきだとする説もある。→おいらけ者(もの)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android