コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老成 ロウセイ

デジタル大辞泉の解説

ろう‐せい〔ラウ‐〕【老成】

[名・形動](スル)
年をとり経験を積んで、熟達していること。また、そのさま。「大家の老成した文章」
「此―なる代言人は、生来冷淡で」〈若松訳・小公子
年齢のわりにおとなびていること。「若いのに老成したをきく」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうせい【老成】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
おとなびること。 「年の割に-している」
経験を積み、物事に慣れてじょうずである・こと(さま)。 「 -した筆さばき」 「此-なる代言人は、生来冷淡で/小公子 賤子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

老成の関連キーワードトウカムリガイ(唐冠貝)エゴノリ(恵胡海苔)ナポレオンフィッシュアヤボラ(綾法螺)ショウジョウケノリムラサキカイメンイシダイ(石鯛)ニシキヒザラガイコナウミウチワ痩ける・瘦けるムチモ(鞭藻)キッコウグサクロフジツボヤマトシジミマツカサガイヒメウミガメベニオゴノリヒルギシジミヌノサラシヒラムカデ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

老成の関連情報