おなら(読み)オナラ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ならす(鳴)」の連用形の名詞化した「ならし」に接頭語「お」の付いたものから転じた語という) 屁(へ)。また、屁をひること。放屁(ほうひ)。もと女房詞。〔羅葡日辞書(1595)〕
※俳諧・鷹筑波(1638)一「つんと暇(いとま)をいだす女房 愛憎(あいそ)も月の夜ひとつおならして〈知元〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のおならの言及

【屁】より

…俗に〈おなら〉ともいう。消化管内から肛門を経て体外に排出される気体のことで,嚥下された空気,食物や消化液中の炭酸水素塩が酸と反応して生じる炭酸ガスCO2,腸内細菌による腸内容物の発酵や腐敗で発生する種々のガスおよび血中や組織から拡散してくるガス(肺から血中に入るガスも含む)などに由来する。…

※「おなら」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おならの関連情報