コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おはしょり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おはしょり
おはしょり

着丈(きたけ)より長く仕立てた女物長着を着るときに、腰のあたりでたくしあげた部分をいう。おはしょりの上に帯を締めるが、帯より下に6~7センチメートル出ると形がよい。おはしょりをすることによって、胴のしわを隠し、腰の形を整えることができる。また縫い直しのとき、おはしょり分をやや少なくして、裾(すそ)の傷みを切り取って仕立て直すことができる。江戸時代前期までは、小袖(こそで)は対丈(ついたけ)(着丈)に仕立てられていたが、中期には身丈が長くなり、室内では裾を引いていた。外出のときは「裾からげ」といって、抱え帯(しごき)を締めてたくしあげ、裾を短くして歩行の便を図った。今日のような形におはしょりをするようになったのは、明治中期になってからである。[岡野和子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

おはしょりの関連キーワードしごき抱え帯伊達巻着付和服和裁和装長着腰紐

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android