対丈(読み)ツイタケ

大辞林 第三版の解説

ついたけ【対丈】

和裁で、着物の丈が着丈と同じ寸法であること。また、その丈。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つい‐たけ【対丈】

〘名〙 (形動)
和服を仕立てる時、布を身の丈と同じ寸法に裁(た)つこと。また、そのように裁つさま。または、その着物。
※言継卿記‐大永八年(1528)四月六日「御袴もついたけに内へ折返しとちられ候了」
※随筆・賤のをだ巻(1802)「羽織も長くなり、やがて対丈位の羽織を著るやうになりたり」
② 高さが同じであること。また、そのさま。
※婦系図(1907)〈泉鏡花〉前「瓶なる花と対丈(ツヰタケ)に、其処に娘が跪居(ついゐ)るので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の対丈の言及

【和服】より

…これをくりまわしといい,くふうと手間をかけて最後まで布を使いきる習慣があった。男の着物は対丈(ついたけ)といって着丈と身丈を同寸に仕立てて内揚をするが,子ども物は肩と腰とに外揚をして成長にあわせて調節する。女物は着丈に揚分を加えて仕立て,着るときにたくしあげるが,これをおはしょりという。…

※「対丈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android