おむすび(読み)オムスビ

とっさの日本語便利帳の解説

おむすび

動詞「むすぶ」が名詞化した「むすび」に、丁寧もしくは小さいものを示す接頭辞「お」がついたもの。「おむすび」と「おにぎり」の二つがあるが、地域的には「おむすび」が東日本に、「おにぎり」が西日本にやや偏っている。接頭辞「お」を除いた「にぎり」が江戸前寿司に用いられるために、東では「おむすび」が強くなったと考えられる。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典内のおむすびの言及

【握飯】より

…飯をにぎり固めたもの。おにぎり,おむすびなどともいう。ふつう塩をつけて三角形,丸形,俵形などににぎり,梅干し,鰹節,塩ザケなどを中に入れたり,ノリ,トロロコンブ,タカナ漬,干しワカメなどで包んだりする。…

※「おむすび」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おむすびの関連情報