コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おもちゃの交響曲

2件 の用語解説(おもちゃの交響曲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

おもちゃの交響曲

オーストリアの作曲家エトムント・アンゲラー交響曲(1760頃)。原題《Kindersymphonie》。長い間、ヨーゼフ・ハイドンの弟ミヒャエル・ハイドンやレオポルトモーツァルトが作曲したと考えられていたが、現在はチロル出身のアンゲラーによる作品であることが有力視されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おもちゃの交響曲
おもちゃのこうきょうきょく
Kindersinfonieドイツ語
Toy Symphony英語

W・A・モーツァルトの父レオポルトLeopold Mozart(1719―87)の原作による3楽章の小規模オーケストラ作品。弦楽合奏に加えて、おもちゃの楽器(カッコウナイチンゲールウズラらっぱ、太鼓、トライアングルがらがら等)を用いるところからこの名称が与えられたが、音楽自体は交響曲というより、むしろ当時流行していた娯楽音楽の性格をもっている。この作品は1770~80年代に、さまざまな作曲者名と題名のもとで流布していたらしい。長い間ヨーゼフ・ハイドンの手になるものと信じられてきたが、最近の研究によって、レオポルト・モーツァルトの『カッサツィオ』Cassatio(野外演奏用音楽の一形式)と題された7楽章からなる音楽から、三つの楽章を抜粋、編曲して現在の形になったことが判明した。編曲者には、ハイドンの弟ミヒャエルMichael Haydn(1737―1806)の名前があげられている。いずれにせよ、この作品の簡潔な楽曲構造や伸びやかな楽想は、18世紀後半に全盛を極めたディベルティメントの精神に基づくものである。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おもちゃの交響曲の関連キーワードコルンゴルトオーストリア併合ラデツキー行進曲オーストリアン・バロック・カンパニーロザムンデオーストリアン・スムース・ブラッケグルーバーコルナウトパラディースメーデル

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

おもちゃの交響曲の関連情報