コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽想 がくそうmusikalische Gedanken

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楽想
がくそう
musikalische Gedanken

音楽創造の過程において,作曲者の心に起る音楽的感興。単に漠然とした曲全体の雰囲気である場合もあり,またありありと旋律の部分あるいは全体が浮ぶ場合もある。その内容,長短,完結度は個人によって異なる。ベートーベンの場合は,まず主題的な断片が浮び,それを慎重に処理構成していったといわれ,またモーツァルトは,曲全体を聞くことができたという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

がく‐そう〔‐サウ〕【楽想】

音楽で表現しようとする作曲者の意図楽曲の主題、また構想

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

がくそう【楽想】

楽曲の構想。 「 -がわく」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

楽想の関連キーワードシューマン:序奏とアレグロ・アパッショナート ト長調(ピアノとオーケストラのための)/piano and orchestra(concerto)シューマン, クララ:ロマンティックなワルツ/piano soloディッタースドルフ:ピアノ・ソナタ イ長調/piano soloカッツ=チェルニン:ゲット・ウェル・ラグ/piano soloメトネル:忘れられた調べ 第1集/piano soloアーメッド アブダル・マリクジョン・A. カーペンターW.C. ハンディイデーフィクスライトモチーフファンタジア主題[音楽]カプリッチオヒンデミットアラベスクリート形式ロンド形式ブレンデル軍隊行進曲ソナタ形式

楽想の関連情報