楽想(読み)がくそう(英語表記)musikalische Gedanken

  • がくそう ‥サウ
  • がくそう〔サウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音楽創造の過程において,作曲者の心に起る音楽感興。単に漠然とした曲全体の雰囲気である場合もあり,またありありと旋律の部分あるいは全体が浮ぶ場合もある。その内容,長短,完結度は個人によって異なる。ベートーベンの場合は,まず主題的な断片が浮び,それを慎重に処理構成していったといわれ,またモーツァルトは,曲全体を聞くことができたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 作曲者が楽曲に表わしたいと思う音楽上の主題やイメージ。楽曲の構想。〔音楽字典(1909)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楽想の関連情報