楽想(読み)がくそう(英語表記)musikalische Gedanken

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「楽想」の解説

楽想
がくそう
musikalische Gedanken

音楽創造の過程において,作曲者の心に起る音楽的感興。単に漠然とした曲全体の雰囲気である場合もあり,またありありと旋律の部分あるいは全体が浮ぶ場合もある。その内容,長短,完結度は個人によって異なる。ベートーベンの場合は,まず主題的な断片が浮び,それを慎重に処理構成していったといわれ,またモーツァルトは,曲全体を聞くことができたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「楽想」の解説

がく‐そう ‥サウ【楽想】

〘名〙 作曲者が楽曲に表わしたいと思う音楽上の主題やイメージ。楽曲の構想。〔音楽字典(1909)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「楽想」の解説

がく‐そう〔‐サウ〕【楽想】

音楽で表現しようとする作曲者の意図。楽曲の主題、また構想。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android