全盛(読み)ゼンセイ

デジタル大辞泉の解説

人気や勢力などが最も盛んな状態にあること。「全盛を誇る」「全盛時代」
遊女などに客が多くついて繁盛すること。
「姉なる人が―の余波(なごり)」〈一葉たけくらべ
はぶりのよいこと。また、そのように振る舞うこと。
「男振り見よげに我が女の手前の―こそ愚かなれ」〈浮・一代女・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

最も盛んな状態にあること。 -をきわめる -期
遊女などが、客が多くついて繁盛すること。 殊に-して親方に大分儲けてくれられた此の太夫/浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡
見えを張ったおごり。みせびらかし。 我が女の手前の-こそ愚なれ/浮世草子・一代女 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① この上なく盛んなこと。栄華をきわめること。
※建武式目(1336)前文「先逐武家全盛之跡、尤可善政哉」
※浮世草子・好色万金丹(1694)五「仏の御国喜見城の全盛(ゼンセイ)も爰には勝らじ」 〔五代史‐郭崇韜伝〕
② 遊女などに他をしのぐほど客が多くついてはやること。遊女の売れっ子。人気のある俳優にもいう。
※評判記・難野郎古たたみ(1666頃)吉田玉之丞「いせのようたにて、きょねん中々ぜんせい」
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)二「我が身はいにしへ陸奥(みちのく)とて全盛(ゼンセイ)をやりし太夫職」
③ (━する) はぶりのよいこと。豪奢。また、そのようにふるまうこと。みせびらかし。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)一「かの島原の御ぜんせい、昔になるやそなたぞと」
④ 傲慢な態度。
※洒落本・其あんか(1786)其いほり「をかばしょのきゃくはいやだとのぜんせい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

親指シフト

富士通が開発した独自のカナ文字配列とシフト方式を採用したキーボード。1980年に発売されたワープロ専用機、OASYSとともに登場した。日本語の高速入力が可能で、熱烈なファンをもつ。Macintosh用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全盛の関連情報