コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全盛 ゼンセイ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐せい【全盛】

人気や勢力などが最も盛んな状態にあること。「全盛を誇る」「全盛時代」
遊女などに客が多くついて繁盛すること。
「姉なる人が―の余波(なごり)」〈一葉たけくらべ
はぶりのよいこと。また、そのように振る舞うこと。
「男振り見よげに我が女の手前の―こそ愚かなれ」〈浮・一代女・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんせい【全盛】

最も盛んな状態にあること。 「 -をきわめる」 「 -期」
遊女などが、客が多くついて繁盛すること。 「殊に-して親方に大分儲けてくれられた此の太夫/浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡
見えを張ったおごり。みせびらかし。 「我が女の手前の-こそ愚なれ/浮世草子・一代女 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

全盛の関連キーワードペタル・クレシミール4世ソース[sauce]フォトジャーナリズム藤井小三郎(初代)鹿の子餅・鹿の子餠サーティーズルックイル汗国・伊児汗国蘆名盛氏・芦名盛氏テンタキュリテスグランドオペラ鹿鳴館スタイルマジャパイト朝桂文治(1世)サイドスリップジャハンギール南仙笑楚満人夕霧阿波鳴渡サルゴン1世長谷川 稔喜多川歌麿

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全盛の関連情報