コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お多福豆 おたふくまめ

2件 の用語解説(お多福豆の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

お多福豆【おたふくまめ】

ソラマメの大粒の一品種。またそれを煮込んだもの。一寸豆ともいい,皮のまま鉄釜または鉄剤を使って甘く煮込み,黒く仕上げる。鉄釜を使わず煮込んだ皮をむいた小粒のものを富貴豆,皮のまま煮込んだものを京豆という。
→関連項目ソラマメ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

お多福豆
おたふくまめ

ソラマメの1品種で、豆がとくに大きく、お多福の面のようにふっくらしている。味もよく、昔から京都地方の特産とされる。若いうちに収穫したものは塩ゆでにして食べ、完熟豆は水でもどしてから、黒砂糖と塩少々でつやの出るまで煮つめ、前菜とする。甘納豆にもつくられる。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のお多福豆の言及

【ソラマメ(蚕豆∥空豆)】より

…乾燥品はいり豆,フライビーンズ,煮豆などにする。煮豆には富貴豆(ふきまめ)とお多福豆とがあり,前者はひと晩水につけてやわらかにもどして皮をむき,黄金色に甘く煮上げる。後者は大粒のものを選んで水でもどし,皮つきのまま黒砂糖などを使って黒くやわらかに煮含める。…

※「お多福豆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

お多福豆の関連キーワード鶉豆阿多福豆雁食豆酒を煮る野良豆弾け豆富貴豆ソラマメトラマメコムタン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

お多福豆の関連情報