前菜(読み)ぜんさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前菜
ぜんさい

献立コースの前に出される小品の料理。食欲増進の役目をする。フランスではオードブル hors-d'œuvre,イギリス,アメリカではアペタイザー appetizer,中国では冷たい前菜は冷葷,温かい前菜は熱盆,ロシア料理ではザクースカ,日本では突き出し,お通しと呼ばれている。食前に出されるものであるから,あとの食事にさしさわりや重複のないように,形も量も軽小で美味につくられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐さい【前菜】

料理で、正式の献立コースの前に出す軽い料理。西洋料理ではオードブル、ロシア料理ではザクースカ、中国料理では前菜(チェンツァイ)という。日本料理では通し突き出しなどがこれにあたる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

前菜【ぜんさい】

食事の最初に供される料理で,西洋料理のオードブルにあたる。日本料理では通肴(とおしざかな)(お通し,つき出し)といって,料理を出す前に酒に添えて手のかからぬ簡単な食品を供したが,最近では,イクラのおろしあえ,ウズラの卵の半熟などを三品盛,あるいは数種類を一皿盛にして取り回す形式など,技巧をこらすようになった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんさい【前菜】

食事の最初に出される料理。食欲を刺激するために食前酒とともに供されるのがふつうで,西洋料理のオードブル,ロシア料理のザクースカ,中国料理の前菜(チエンツアイ)などをいう。日本では,従来料理が出るまでのつなぎとして小鉢や小皿に簡単な料理を盛ったものを酒のさかなとして供し,〈お通し〉〈突出し〉などと呼んでいたものが,これに当たる。現在では外国料理の影響などによって前菜と称し,献立の最初に3~5品の料理を取り合わせて供することが多くなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんさい【前菜】

食事の最初に酒のつまみ、あるいは食欲を高めるために出す軽い料理。オードブル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前菜
ぜんさい

食事の前に出される料理。少量で食欲をそそらせ、西洋料理ではオードブル、ロシア料理ではザクースカ、中国料理ではチエンツァイといっている。日本料理では、お通し、突き出しなどとよばれるものが、これに相当する。[野村万千代]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐さい【前菜】

〘名〙 食事の最初に出される料理。西洋料理ではオードブル、ロシア料理ではザクースカ、中国料理では前菜(チエンツァイ)、また大菜に対して小菜ともいわれる。日本料理では、従来は料理を出す前に酒にそえて手のかからない酒のさかなを出す程度であったが、西洋料理などの影響でこれがとり入れられるようになった。
※細雪(1943‐48)〈谷崎潤一郎〉上「円テーブルを囲みながら、日本酒と紹興酒と前菜とで晩餐が始められ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の前菜の言及

【オードブル】より

…西洋料理の前菜。原語は〈作品外〉という意味で,食欲をそそるため,主要な料理の前に出される軽い料理をいう。…

※「前菜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前菜の関連情報