コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄剤 テツザイ

4件 の用語解説(鉄剤の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てつ‐ざい【鉄剤】

鉄欠乏性貧血の治療に用いる薬剤。硫酸鉄有機酸の鉄塩が用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鉄剤【てつざい】

鉄または鉄化合物のうち貧血の治療に用いるもの。硫酸第一鉄,グルコン酸第一鉄,コハク酸第一鉄,還元鉄などがある。慢性出血性貧血,本態性低色素性貧血などの鉄欠乏性貧血に適用。
→関連項目造血薬

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

てつざい【鉄剤】

鉄欠乏性貧血の治療に用いられる薬剤。硫酸鉄・フマル酸第一鉄などを用いたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄剤
てつざい

鉄欠乏性貧血の治療に用いられる薬剤で、昔は還元鉄が用いられたが、副作用のため、現在はまったく使用されていない。内服では、硫酸鉄を主薬とした持効性製剤である「スローフィー」「フェログラデュメット」などの徐放錠がよく用いられている。そのほかフマル酸第一鉄が内服で用いられ、注射剤としてはグルコン酸第二鉄、含糖酸化鉄、コンドロイチン硫酸鉄、シデフェロンがある。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鉄剤の言及

【造血薬】より

…食物から摂取され吸収される鉄が,体内から失われる鉄を補充できなくなると鉄欠乏性貧血の原因となる。鉄を補って血色素量を増やす目的で各種の鉄剤が投与される。内服用鉄剤として硫酸鉄,グルコン酸鉄,フマール酸鉄などの製剤が使われる。…

※「鉄剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鉄剤の関連キーワード残余窒素造血剤ブロム剤医薬造血薬温金定比化合物不定比化合物脂環式炭化水素二価鉄化合物

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉄剤の関連情報