コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄剤 テツザイ

百科事典マイペディアの解説

鉄剤【てつざい】

鉄または鉄化合物のうち貧血の治療に用いるもの。硫酸第一鉄,グルコン酸第一鉄,コハク酸第一鉄,還元鉄などがある。慢性出血性貧血,本態性低色素性貧血などの鉄欠乏性貧血に適用。
→関連項目造血薬

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

てつざい【鉄剤】

鉄欠乏性貧血の治療に用いられる薬剤。硫酸鉄・フマル酸第一鉄などを用いたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄剤
てつざい

鉄欠乏性貧血の治療に用いられる薬剤で、昔は還元鉄が用いられたが、副作用のため、現在はまったく使用されていない。内服では、硫酸鉄を主薬とした持効性製剤である「スローフィー」「フェログラデュメット」などの徐放錠がよく用いられている。そのほかフマル酸第一鉄が内服で用いられ、注射剤としてはグルコン酸第二鉄、含糖酸化鉄、コンドロイチン硫酸鉄、シデフェロンがある。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鉄剤の言及

【造血薬】より

…食物から摂取され吸収される鉄が,体内から失われる鉄を補充できなくなると鉄欠乏性貧血の原因となる。鉄を補って血色素量を増やす目的で各種の鉄剤が投与される。内服用鉄剤として硫酸鉄,グルコン酸鉄,フマール酸鉄などの製剤が使われる。…

※「鉄剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鉄剤の関連キーワード単純性腸潰瘍/非特異性多発性小腸潰瘍慢性の病気をもつ人の妊娠、出産の注意胃手術後障害(胃手術後遺症)産褥期の注意すべき症状と対策全身の病気と舌炎(赤色舌)鉤虫症(十二指腸虫症)萎黄病(鉄欠乏性貧血)グッドパスチャー症候群子どもの鉄欠乏性貧血溶性ピロリン酸第二鉄ヘモクロマトーシスがんの化学療法門脈圧亢進症スポーツ貧血バンチ症候群妊娠と貧血未熟児貧血ブロー鉄丸骨軟化症お多福豆

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄剤の関連情報