かす(粕)取(読み)かすとり

百科事典マイペディアの解説

かす(粕)取【かすとり】

粕取焼酎(しょうちゅう)の略称。酒粕に水を加え,1〜2ヵ月ほど密封して発酵させ,蒸留して製する。戦後粗悪な密造酒を〈かすとり〉と称したため悪い酒の印象を与えるが,実際は焼酎の中では上質なもの。アルコール分40%前後。特有の焦臭がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android