コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かちっと カチット

デジタル大辞泉の解説

かちっ‐と

[副](スル)
堅くて小さい物が打ち当たったときに出る音を表す語。かちりと。「かぎがかちっとかかる」
ゆるみがなくしっかりとしているさま。ひきしまっているさま。「かちっとした字」「かちっとした内容

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かちっと

( 副 ) スル
堅い物が打ち当たった時に出る音を表す語。 「 -スイッチを入れる」
組み立てや結合がしっかりしているさま。 「 -固定する」
しっかりしてひきしまったさま。 「内容の-した本」 「 -した仕事振りの人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

かちっとの関連キーワードケリーバッグクリッカーピーコート締め込むがちっとクリック

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かちっとの関連情報