かぶす汁

デジタル大辞泉プラスの解説

かぶす汁

富山県の郷土料理。“かぶす”は氷見地方の漁師言葉で「分け前」を意味する。漁師たちが市場に卸さない獲れたての魚を船上ぶつ切りにし、海水で洗って大鍋で味噌汁にしたものが起源。その日の水揚げにより種類は異なるが、旬の魚が数種類入り、濃厚な魚介のダシと濃い目の味つけに特徴がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android