水揚げ(読み)ミズアゲ

デジタル大辞泉の解説

みず‐あげ〔みづ‐〕【水揚げ】

[名](スル)
船の荷物を陸に移すこと。「荒天で水揚げが遅れる」
漁業の収穫。漁獲高。
商売などの売り上げや稼ぎ高。「値上げ以来水揚げが目減りする」
生け花で、花材がよく水を吸うようにすること。水切りのほか、根元をつぶしたり、熱湯につけたり、火で焼いたりすることが多い。養花。→深水(ふかみず)湯揚げ
遊女・芸妓などが初めて客と接すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みずあげ【水揚げ】

( 名 ) スル
船の荷物を陸に揚げること。陸揚げ。 「桟橋に-する」
漁獲高。数量・金額いずれをもさす。 「 -が落ちる」
営業の売上高。 「 -が少ない」
芸妓・娼妓がはじめて客と肉体関係を結ぶこと。
生け花で、花材が水を吸い上げて長持ちすること。また、花材に処理を施して、水の吸い上げをよくすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水揚げの関連情報