コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水揚げ ミズアゲ

デジタル大辞泉の解説

みず‐あげ〔みづ‐〕【水揚げ】

[名](スル)
船の荷物を陸に移すこと。「荒天で水揚げが遅れる」
漁業の収穫。漁獲高。
商売などの売り上げや稼ぎ高。「値上げ以来水揚げが目減りする」
生け花で、花材がよく水を吸うようにすること。水切りのほか、根元をつぶしたり、熱湯につけたり、火で焼いたりすることが多い。養花。→深水(ふかみず)湯揚げ
遊女・芸妓などが初めて客と接すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みずあげ【水揚げ】

( 名 ) スル
船の荷物を陸に揚げること。陸揚げ。 「桟橋に-する」
漁獲高。数量・金額いずれをもさす。 「 -が落ちる」
営業の売上高。 「 -が少ない」
芸妓・娼妓がはじめて客と肉体関係を結ぶこと。
生け花で、花材が水を吸い上げて長持ちすること。また、花材に処理を施して、水の吸い上げをよくすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

水揚げの関連キーワード米軍関係の漁業補償の仕組み日立おさかなセンター北海道枝幸郡枝幸町戸田のタカアシガニ紀州勝浦産生まぐろコディアク[島]やまぐちの甘だい水産物の調整保管すさみケンケン鰹かのやカンパチ銚子つりきんめ和歌山のマグロサンマ水揚げ量根室のサンマ釧路ししゃもケンサキイカ鵡川ししゃもソーラン節戸井まぐろ象潟岩牡蠣

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水揚げの関連情報