コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

味噌汁 みそしる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

味噌汁
みそしる

味噌で調理した汁物出し汁は,かつお節,煮干し,こんぶなどでとり,実として魚介類,肉類,野菜類海藻,加工品などを加える。吸い口に薬味を加えると風味が増す。味噌は産地により多くの種類があり,好みにより単独あるいは混合して用いる。大根,わかめ,豆腐など総菜向き味噌汁のほか,三州味噌でつくった色の濃い赤出し,上等の西京味噌でとろりと仕立てた白味噌椀などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みそ‐しる【味×噌汁】

野菜・豆腐・海藻・貝などを実にして、だし汁に味噌を溶かした汁物。おみおつけ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本文化いろは事典の解説

味噌汁

みそ汁はご飯とともに日本の食卓に欠かせない料理です。だし汁に野菜・豆腐・海藻・貝など季節の旬の食材やその地方の特産物を入れて煮、その中に味噌を溶 かした汁物がみそ汁です。特に寒い朝は、あたたかいみそ汁をすすると気持ちがなごみ、体の芯から活力が沸いてくるような気がします。「おみおつけ」と呼ぶ こともあります。

出典|シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

みそしる【味噌汁】

だし汁で実を煮て、みそを溶き入れた汁物。汁の実は、ねぎ・大根などの野菜、しじみなどの魚介類、豆腐などの大豆製品、わかめなどの海藻などを1種または数種取り合わせて用いる。◇「おみおつけ」ともいう。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

みそしる【味噌汁】

だし汁に味噌を溶かし込んで味をつけた汁。野菜・豆腐などの実を入れて作る。おみおつけ。おつけ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

味噌汁の関連キーワード落とし玉子・落し玉子汁掛け飯・汁掛飯雪花菜汁・豆滓汁汁の餅・汁の餠吹き零れる八雲縁結び乾燥味噌出し雑魚サバタケ落し玉子摘まみ菜落し味噌御味御汁須弥山汁薩摩汁集め汁味噌粥汁の餅納豆汁晒し鯨

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

味噌汁の関連情報