コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かほ一 かおいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

かほ一 かおいち

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
明和(1764-72)のころの人。その流派は「かほ一節」といい,陸奥(むつ)桃生(ものう)・牡鹿(おしか)・登米(とめ)・栗原地方(宮城県)でさかんにうたわれ,仙台浄瑠璃とも御国浄瑠璃ともいわれたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

かほ一の関連キーワードるり太夫明和

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android