登米(読み)とよま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

登米
とよま

宮城県北部,登米市中東部の旧町域。北上川流域にある。 1889年町制。 2005年町,東和町,中田町,豊里町,米山町,石越町,南方町,津山町の8町と合体して登米市となった。中心地区の登米は,仙台藩時代伊達氏の一族白石氏の城下町および河港として発達。武家屋敷の形態を残す。西部は北上川の沖積地で水田地帯。東部は北上高地南端部の丘陵地で畑作地帯。古くから酒,味噌,醤油などを醸造。仙台藩時代からの松笠風鈴は特産。北上高地に産する粘板岩は,登米 (とめ) スレートとして知られ,東京駅の屋根に用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とめ【登米】

宮城県北東部にある市。北上川が縦貫する稲作地帯。西部の伊豆沼は水鳥生息地としてラムサール条約の登録湿地。平成17年(2005)4月、迫(はさま)町、登米(とよま)町、東和町、中田町、豊里町、米山町、石越(いしこし)町、南方(みなみかた)町、津山町が合併して成立。人口8.4万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とめ【登米】

宮城県北東部の市。県内有数の穀倉地帯。登米とよま地区は城下町。酒・味噌・醬油などを醸造。伊豆沼・内沼などはラムサール条約登録湿地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

登米
とよま

宮城県北東部、登米郡(とめぐん)にあった旧町名(登米町(まち))。現在は登米(とめ)市の中東部を占める地域。旧登米町は、1889年(明治22)町制施行。2005年(平成17)迫(はさま)、東和(とうわ)、中田(なかだ)、豊里(とよさと)、米山(よねやま)、石越(いしこし)、南方(みなみかた)、津山(つやま)の8町と合併して市制施行し、登米市となった。東部は北上(きたかみ)高地南部の丘陵性山地、西部は低地で水田が広がる。北上川が中央部を南流し、中心集落はその西岸に位置する。国道342号が通じる。「ひとめぼれ」など銘柄米の栽培や肉用牛の飼育が盛んで、そのほかシイタケ栽培も行われている。8世紀末の史料に陸奥(むつ)国遠山村(とおやまむら)との記述があり、これが「とよま」に転訛(てんか)したといわれる。宮城県北東部と岩手県南部を支配していた葛西(かさい)氏は、1536年(天文5)石巻(いしのまき)から本拠を寺池城(登米城)に移した。葛西氏滅亡後、豊臣(とよとみ)秀吉の家臣木村氏が居城としたが、葛西大崎一揆(いっき)により落城した。近世には仙台藩伊達(だて)家の一門登米伊達家2万石の城下町、また北上川の河港として発達し、明治には登米県、水沢県の県庁が置かれた。旧県庁舎、登米高等尋常小学校(国の重要文化財)、旧警察署(県の重要文化財)など明治期の建物が残され、それぞれ水沢県庁記念館、教育資料館、警察資料館として保存されている。県指定文化財の天山廟(てんざんびょう)(4代藩主の霊廟)や登米伊達家の文化財などを収める懐古館がある。登米秋まつりは古い伝統をもち、薪能(たきぎのう)が行われる。[後藤雄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とめ【登米】

[一] 宮城県の北部の地名。北上川・迫(はさま)川の流域にある。西部、栗原市との境にある伊豆沼・内沼はラムサール条約登録地。平成一七年(二〇〇五)市制。
[二] 宮城県北部にあった郡。(一)の大部分を占めた。古くは「とよま」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

登米の関連情報