コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かわひこ

デジタル大辞泉プラスの解説

かわひこ

鹿児島県屋久島地域で生産されるサトイモ親芋子芋とも食用にする。粘り気があり煮込むと餅のような食感があることから「餅芋」の別称もある。江戸時代以前に南方から屋久島町栗生に導入されたと伝えられており、当時は地名をとって「芋生(いもお)」と読んだ。名称の由来は「湧水のある地でよく生育すること」に由来するとも「川幸彦」の略ともされる。「かばしこ」ともいう。県により「かごしまの伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android