コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かわひこ

デジタル大辞泉プラスの解説

かわひこ

鹿児島県屋久島地域で生産されるサトイモ親芋子芋とも食用にする。粘り気があり煮込むと餅のような食感があることから「餅芋」の別称もある。江戸時代以前に南方から屋久島町栗生に導入されたと伝えられており、当時は地名をとって「芋生(いもお)」と読んだ。名称の由来は「湧水のある地でよく生育すること」に由来するとも「川幸彦」の略ともされる。「かばしこ」ともいう。県により「かごしまの伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

かわひこの関連キーワード寒川神社雲弘流

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android