ががり

大辞林 第三版の解説

ががり

〔木を挽く時の音からという〕
大鋸おがの異名。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ががり

〘名〙
① (木を切る時に出す音から名づけたものか。「かがり」とも) 木を挽(ひ)くのに用いる、大きな鋸(のこぎり)。がんぎ。おおが。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※風俗画報‐一五四号(1897)人事門「鋸には、大切、引切かがり、両頭」
大鋸の歯のような、ぎざぎざ。
※浄瑠璃・三荘太夫五人嬢(1727)五「此山椒の木の剣の針、ががりは幸ひ鋸同然、其奴が首を引落せと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android