両頭(読み)りょうとう

精選版 日本国語大辞典「両頭」の解説

りょう‐とう リャウ‥【両頭】

〘名〙
① 一つの動物にあたまが二つあること。また、そのあたま。双頭
文徳実録‐仁寿二年(852)八月癸丑「有牛産犢一身両頭
② もとが一つでが二つに分かれるもの。また、二つの方向や目的をかまえるもの。
※雑俳・蓍萩(1735)「手かけ船・これぞ両頭鷁衆道」
③ 両方。双方。また、両方の両端
正法眼蔵随聞記(1235‐38)三「貪惜・貪求の二つをだにもはなるれば、両頭倶に無失」 〔魏志‐田予伝〕
④ ふたりの頭目。ふたりの巨頭・支配者。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「両頭」の解説

りょう‐とう〔リヤウ‐〕【両頭】

一つのからだに頭が二つあること。また、その頭。双頭。「両頭の蛇」
二人の頭領・支配者。「両頭会談」
両方。また、両方の端。両端。
「こんなに―の雪隠(せっちん)にしておくからわるい」〈滑・膝栗毛・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android